あまおう到着

冬がイチゴの旬ですね。イチゴ狩りも12月から楽しめるし。
ということで、先日、友人からのプレゼントが届きました。
DSC05997.jpg

千疋屋の包み紙。


DSC05998.jpg

開けると桐箱が。


DSC06001-3.jpg

中に鎮座するのは輝くようなイチゴ。あまおう。

「甘い」や「甘酸っぱい」ではなく、「ぎっしりとイチゴの味」がバランスよく口に広がります。他には例えようがないイチゴの味。幸せをもたらす味。

2粒ほど頂きました。もちろん、あとは全部甥っ子たちの口の中へ…。


スポンサーサイト

グラミー賞2014

グラミー賞のレッドカーペット。私の好きなケイティ・ペリーはヴァレンティノのドレス。

ktingrammy2014.jpg
(source)

それも先週発表になったばかりの春夏クチュールのもの。先週、あの音符のドレスを見た時に「これは誰がどういう状況で着るのかな」と思ったのですが、そう、グラミー賞授賞式などの音楽イベントが相応しいわけですね。
valentino2014ss.jpg
(source)

音楽イベントがある方は、是非このドレスを。



一方、こちらはマドンナ先生。

mdningrammy2014.jpg
(source)

マドンナ先生ったら、マジなのかウケ狙いなのか不明です。もしかしたらご本人にも分かってないのかも。かつてのジョン・ガリアーノのいでたちを髣髴とさせます。

jg1.jpg
(source)(source)(source)

ガリアーノの頃のディオールは好きだったのになあ・・・。

おしゃれルピータ

LUPITA-NYONGO.jpg
(source)

『12 years a slave』でデビューしたルピータ・ニヨンゴ。可愛らしい顔です。可愛いだけじゃなくて、レッドカーペットでの装いがステキ。

lupitainGlobe.jpg
(source)(source)(source)(source)

左上から時計回りに…
Golden Globes Awards (1月12日)ラルフ・ローレンの赤いドレス
Critic’s Choice Movie Awards(1月16日)カルバン・クラインの白いドレス
Screen Actors Guild Awards(1月18日)グッチのターコイズ色のドレス
Producer’s Guild Awards(1月19日)ステラ・マッカートニーのベージュのドレス

ベージュは彼女には少し似合わない色のような気がしますが、どのデザインも色も彼女をスッキリと見せてとても洗練された着こなし。この春夏にはMiu Miuの広告にも起用されて、一躍オシャレさんです。

さてさて、3月のアカデミー賞ではどういう装いを見せてくれるのか楽しみです。

寒中お見舞い2014

DSC06005.jpg


昨日は大寒。寒中お見舞い申し上げます。 皆様、どうぞご自愛くださいませ。

ロバートが見た日本

私の母方の祖母は1900年生まれだったので、祖母が生まれるちょっと前の日本ということですね。この絵。
rf1.jpg

rf2.jpg

Robert Frederick Blumという33歳の水彩画家が日本に来たのが1890年。そこから3年間、日本に滞在したそうです。ちなみに上の絵はメトロポリタン美術館に収蔵されているとか。街の喧騒まで聞こえてきそうな絵です。写実的なだけではなく、その場の空気まで見事に再現しています。


Robert Frederick Blum は45歳の時に肺炎で亡くなったそうですが、長生きして再び日本を訪れることがあったら、その変貌に驚いたことでしょうね。そういう絵も見てみたかったです。

ゴールデン・グローブ賞2014

毎年恒例、ゴールデン・グローブ賞授賞式のレッドカーペット。
大きく笑えるモノや驚くモノはなかったのですが、抜群の安定感でケイト・ブランシェットのドレスがステキでした。
cate2.jpg
(source)

アルマーニの黒いレースのドレス。

この人、時々、すごい冒険をするときもあるんです。
Cate1.jpg

貧相なカラダじゃ着こなせないアヴァンギャルドな構造のドレスとか、素人には手が出せない色使いのドレスとか。でも、不思議と彼女が着るとそれなりに見えてしまうのですから恐ろしいです。神業。私は彼女にある種の神々しさを感じているのですが、その一端を垣間見る気がします。

気になったのがもう一人。
paula1.jpg
(source)

ポーラ・パットン。この人にはとても色気(ただセクシーというだけではない何か)を感じるので好きなのですが、このステファン・ローランの白いドレスは酷評されてました。個人的には好きなデザインですが。
「It's a shame that Paula Patton's form-fitting gown was attacked by that giant ruffle monster.(ポーラ・パットンのボディコンなドレスが、でっかいラッフル(フリル)モンスターに襲撃されてて残念」などと書かれる始末。うーん、私は好きなデザインなんですけどね。

新しい鼠小僧

NHKを観ていてちょっと驚いた件。
ratman.jpg

新しく始まった時代劇ドラマ『鼠、江戸を疾(はし)る』。タッキーが鼠小僧を演じるようですが、その番組宣伝にこういう文字が…。

「RAT MAN」

ラットマン?ラットマンって…ネズミ男?私の頭の中に浮かぶ映像は『ゲゲゲの鬼太郎』に出てくる「ねずみ男」とか、首から上だけがネズミで下は人間の形をした妖怪とか、とにかくタッキーとはかけ離れたイメージばかり。

もしかして「BAT MAN」にあやかっているのかな?バットマンも鼠小僧と同じように夜の闇にまぎれて活躍するヒーローだし。でも、バットマンはビジュアルにコウモリ要素があるから分かるけど、鼠小僧はべつにネズミの恰好をしているわけではないし…。とくに日常に支障をきたすほどの問題ではないので、まあいいのですが。

私は「鼠小僧」と言えば、こちらの「女ねずみ小僧」が浮かびます。
onna-nezumi.jpg

『振り子』

大晦日の紅白歌合戦で自分の出番が無くなったという「鉄拳」さん。このたび初めてこの人の存在を知ったのですが、ファンタジックな漫画を描く人なんですね。

この『振り子』という作品で第42回日本漫画家協会賞特別賞を受賞したのだとか。



とってもステキな作品だと思います。言葉は一切無いのに、ストーリーテリング。色は無いのに、カラフルな人生。

2時間モノのドラマを観たくらいの充実感があります。


三が日の番組

【元日】
恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサートの生中継。
DSC05973.jpg

ああ、今年はバレエダンサーが客席に登場する演出かあ。数年前にもあったなあ。

DSC05976.jpg

今年もジュリー・アンドリュースが聴きに来てるなあ。隣の青いドレスの女性も女優かなあ。アネット・べニングかと思った。

【2日】
恒例の歌舞伎座からの新春歌舞伎の生中継。
DSC05978.jpg

今年から司会が南野陽子になったんだあ。去年までは生稲晃子だったけど、彼女の着物のほうが好みだったなあ。


【3日】
NHK教育テレビで夜11時から放映された『「幸福学」白熱教室』という番組。
DSC05984.jpg

今週はプロローグということで、サマリーというかレジュメ的な内容だったけど、来週から4回にわたって面白そうな内容が続くなあ。


ちなみに、本日の『徹子の部屋』のお客様は岩下志麻姐さん。
DSC05996.jpg

春を思わせるような明るくて薄い黄色のお召し物かあ。相変わらず凛としてらっしゃるなあ。

新年のご挨拶2014

あけましておめでとうございます。

本年が皆様にとりまして更に良い年になりますように。

DSC05965-3.jpg