カンヌ国際映画祭2014

先週末に閉幕した今年のカンヌ映画祭。ジュリアン・ムーアが女優賞を受賞しました。今回のジュリアン・ムーアのドレスはあまり好みではなかったので、その他に目についた女優を紹介。

cannes2014-1.jpg
(source)

ウマ・サーマン。なんとなく以前とは顔が違って見えます。リサ・クードローかと思いました。『フレンズ』のフィービー役の。


cannes2014-2.jpg
(source)

こちらはお直しなんてしていないであろう、ソフィア・ローレン先生。ダイナミックなパーツが付いている顔も、寄る年波には勝てません。加藤剛かと思いました。
gou.jpg
(source)

大岡越前の守ね。


cannes2014-3.jpg
(source)

あらあら、こちらはお直しし過ぎた影響ですね、ニコール・キッドマン。早急に手直しが必要ですね。もともとキレイな顔だったのに…。そんなことまでしなくても…。(合掌)

スポンサーサイト

ハイパー梨乃たん

「梨乃たん」と言えば、かたせ梨乃。
それ以外には考えられなかったのですが、こんなファンキーでハイパーな梨乃たんが存在していたとは知りませんでした。

DSC06186.jpg
本日で最終回となったEテレの『仲宗根梨乃の美楽クールダンス!』。その講師が仲宗根梨乃たん。

DSC06187.jpg
これ、踊っているのではなく、まだ前振りのトーク中です。トークなのにこの落ち着きの無さ。もうハイテンション過ぎて、ついていけません。彼女の沖縄アクセントと英語のミックスな会話がなんとも異国情緒を醸し出します。

DSC06193.jpg

毎回お題となるテーマに沿って踊りをマスターしていく番組ですが、前回の2回は梨乃たんが振付を担当したAKBの振付をみんなで「フォーメーション」を交えて踊ります。これを見て思い出したのが、ブラスバンドをやっていた頃のドリル演奏。演奏しながら移動してフォーメーションを作るアレです。曲も演奏しなきゃいけない、移動していろんな形を作らなきゃいけない、結構ハードでした。まあ、慣れですけど。

それにしても、ダンサーの身体能力ってスゴイです。驚きました。そして、そのダンサーの振付のとおりに踊る芸能人の人達もスゴイと改めて感じた番組。第二弾を希望します。

DSC06194.jpgDSC06195.jpg

ちなみに、生徒役の宮下純一(元オリンピック水泳選手)があまりダンスが上手ではないというところが初心者を安心させる点です。

表地を買うの巻

ということで、コート作り。ボチボチいきます。表地を買いました。


DSC06164.jpg

光モノが好きなので、というとアレですけど、光沢がある生地が好きなので、この生地を選びました。これ、ダークブラウンとシルバーの2色から成るグログラン生地。


DSC06154.jpg

近づいて手に取ってみると確かにこの2色を確認できます。


DSC06162.jpg

でも離れて見ると完全にシルバー。宇宙服か消防服か、はたまた宮中行事にお出ましになる皇后陛下のローブデコルテか。これでコートを作ろうと思ってます。

靴紐が長いなら

愛用している靴の靴紐が少し長いのが気になってまして、調べたところ靴紐のサイズがたくさんあることを初めて知りました。長さはもとより、幅もいろいろあるんですね。

DSC06171.jpg

問題の私の靴紐サイズは、長さ120cm、幅5㎜の「平ひも」でした。15cmくらい長いので、ちょうど良いサイズがあるかとネット上で検索したのですが、既製品では120cmより短いのが100cm。近くの靴売り場に行ってみたところ、100cmなんて商品は皆無。そこでこのスローガンが登場します。「無いのなら、作ってしまえ」。

DSC06177.jpg

ということで、15cmほど切ります。次に登場するのは収縮チューブという代物。

DSC06174.jpg

ネット上ではこれで靴紐の先の部分を作ったという方が何人かいらっしゃったので、その方法に乗っかります。田舎のホームセンターでも購入できました。色は黒しかありませんでしたが、そもそも靴紐が黒いので問題なし。透明パイプであれば、他の色の靴紐にも使えるでしょうね。

DSC06179.jpg

これを切り取って、短くした靴紐の先に被せます。念のため、接着剤を塗りました。

DSC06180.jpg

ここにヘアードライヤーの熱風を当てます。すると熱で収縮するという寸法です。ですが、そんなに収縮しませんね…。3㎜の熱収縮チューブを買ってきたのですが、2㎜にすればよかったのかな…。

DSC06183.jpg

左が作成した靴紐の先の部分、右は元々の靴紐の先の部分。うーん、もっとスマートになって欲しかったですね。でも、パッと見では分かりません。「大丈夫、問題ない」自分にそう言い聞かせます。

DSC06185.jpg

おかげで、短くなりました。左が短くなった靴紐、右は元々の靴紐。なんとなく長さが違うのが分かると思います。ちなみに、これより大きいサイズのチューブを使ったら靴紐を通す穴に入らないことが分かりギリギリセーフの巻。

<今回の結果>
・5㎜幅の靴紐ならば、3㎜よりも2㎜のパイプを使う方がいいかも
・「熱収縮」とはいえ、元々のサイズまでは収縮しない
・でも、材料費は250円程度だし、新しい靴紐を買うよりはリーズナブル
・でも、こんな面倒な事をしたくない人は、送料を払ってでも気に入る長さの靴紐を取り寄せるべき

Eurovision2014

毎年この時期に開催される欧州の歌の祭典Eurovision。なんと今年の優勝は…

eurovision2014-1.jpg

ステージ中央にスポットライトが当てられ、歌姫の登場。


eurovision2014-2.jpg

歌姫のバックショット。会場も盛り上がっています。


eurovision2014-3.jpg

熱唱する歌姫…。歌姫。

eurovision2014-4.jpg

ヒゲがあっても歌姫。オーストリア出身のConchita Wurstさん。初めて存じ上げました。恐れ入ります。もうね、男とか女とか、そういうレベルじゃありません。でも、こだわりが強いということだけはよく分かります。天から授かった唯一無二の「わたし」というものをハッキリと認識しています。とっても歌が上手くて、曲『Rise Like a Phoenix』もいい感じです。このビジュアルを見て思い出すのは…。


eurovision2014-5.jpg
(source)

これとか…

eurovision2014-6.jpg
(source)

これとか…。

性差を超えた愛です。

バラ2014夏

天気が良かったのでバラ園へ。次の休みに天気が良いかどうか分からないので、行ける時に行っておいた方がいいと思ったのですが、見ごろは来週あたりかな…。

DSC06140.jpg


みなさんも、バラ色の人生を。

Met Gala 2014

5月5日(日本時間で5月6日)にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されたMet Gala。ニューヨークタイムズの画像(以下の画像はすべてこちらのページから)を見ていると、「相変わらずオルセン姉妹は面白いなあ」とか…、「相変わらずエリカ・バドゥは面白い帽子を被ってるなあ…」とか、
metgala2014-2.jpg

「ダナ・キャランもカルバン・クラインも顔のお直しが…」とか思うわけです。

そんな中、目についたのはザック・ポーゼンがデザインしたドレス。
metgala2014-5.jpg

モデルのカレン・エルソン。ボリュームがあってドラマティックです。

metgala2014-4.jpg

ディータ・ヴォン・ティースのマーメイドラインのドレスもザック・ポーゼン。パイプを半分に割ってくっつけたようなボリューム。ちなみに左の男性がザック本人。

metgala2014-3.jpg

モデルのリウ・ウェンのドレスに至っては、もうボリュームがありすぎて、プレハブ小屋1軒くらいなら入りそうな規模。まるで、ふわふわバルーンです。

fuwa3.jpg
(source)

これね、ふわふわバルーン。お祭りで子供たちが遊んでるやつ。

一方、いつもクールなシャーリーズ・セロンはいつものディオールで決まってます。あ、右端にオルセン姉妹のどちらか片方が入ってますね。
metgala2014-1.jpg

ドレス姿でジャケットを肩から羽織るという組み合わせがステキ。まるで殿方がさっと肩にかけてくれたような仕上がり。個人的に思うのですが、今のディオールを着こなせるのは、このシャーリーズ・セロンかティルダ・スウィントンかケイト・ブランシェットくらいですね。

『The Welcome』

国連広報センターのサイトによると、「ナビ・ピレイ人権高等弁務官は2013年7月26日、同性愛者や性同一性障害者に対する暴力と差別の問題に関する認識を高め、世界各地でLGBTの人々の権利尊重をさらに推進するため、1年間にわたる広報キャンペーンをスタートさせました。」とのこと。

で、先日公開された動画がこちら。


色鮮やかで楽しそうで何よりです。国連が主導で、人権問題解決のためにこういう動画を作るというのが感慨深いですね。もっといろんなパターンも作って欲しいです。違う民族のバージョンとか、女性同士のバージョンとか。