スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスゴーのカイリー

このブログを読んでいる人やそのご友人に私のようなカイリーファンがいたら、とても喜ぶ動画です。
先月にグラスゴーで開催されたカイリーの「Kiss Me Onceツアー」の模様をテレビ局ITVがリリース。ホントにありがとうITV!昨夜はこの動画を見ながら小一時間踊ってました。


それでは、皆様、良いお年を。
スポンサーサイト

メリークリスマス

メリークリスマス!
どなた様も楽しい時間を。

birthdayboyon1225.jpg
(source)

『女系家族』

「にょけいかぞく」です。「じょけいかぞく」じゃなくて。
以前にTBSでドラマ化された時は、いじめ役リーダーである長女を演じたのは高島礼子でした。この映画版で長女を演じたのは京マチ子。もうね、全然、迫力が違います。そんな京マチ子の装いは、こんな感じ。
nyokei1.jpg

寒色をベースに、コントラストがはっきりとした色の組み合わせ。いかにも個性が強い役です。個性が強い役に合わせて、小物もインパクトが強いモノでした。2カラットくらいある大粒のダイヤの指輪や、ヘビ柄のバッグなど。とにかくステキな京マチ子。

三姉妹が莫大な財産を残して亡くなった父親の愛人を攻撃するというのは『犬神家の一族』にも通ずるモノがありますね。
machiko.jpg

そういえば、テレビ版『犬神家の一族』で長女を演じたのも京マチ子。やっぱり怖いオンナ。

強欲三姉妹に加えて、三女の後見役を自称する叔母を演じたのが浪花千栄子。
nyokei4.jpg

このクセモノぶりが天下一品。今ではこういうことが出来る女優さんがいなくなって残念です。

『チョコレートドーナツ』

anydaynow.jpg
(source)

主なあらすじは知っていても、最後までどうなるか分からない展開。

ダウン症のマルコを演じたアイザック・レイヴァが来日したときの記事はこちら。撮影秘話やダウン症の人間としてのアイザック、そして彼の母親の話なども掲載されています。

人それぞれ「家族」の定義は違うかもしれません。それは、血のつながりがある人物のことかもしれないし、血がつながっていない人物が含まれるかもしれません。どちらにしろ「家族は最初から存在しているものではなく、後から作り上げるものだ」と私の経験から感じます。


動かないネックレス

ニューヨークのロックフェラーセンター前のクリスマスツリー点灯式が先週行われ、すったもんだの挙句にマライア・キャリーが生歌を披露したそうです。どうやら前日の録音をすっぽかしたので生歌になったのだとか。その時の模様を演奏やコーラスの音を消してマライアの声だけにしてネット上にアップした動画がこちら。


いろいろ意見があるようですが、それよりも私が目についたのが、彼女のネックレス。

mariah-singing.jpg

イヤリングもブレスレットも動くのですが、ネックレスだけは動かない、揺れない。シール?ペイント?


mcarey.jpg
(source)

マライア・キャリーは以前も腹筋をペイントしてたくらいだから、何をしでかすやら…。しかし「フラッシュタトゥー ネックレス」で検索するとこういう商品があることにビックリ。

flashtattos.jpg
(source)

なるほどね。シールタイプのタトゥーのアクセサリー版です。実際にマライア・キャリーがこういう商品を使っていたのかどうかは分かりませんが、こういうモノがあるということを知ってお勉強になりました。

コート作り 完成(後編)

DSC06422.jpg

ウィンドブレーカーの生地を重ねたうえに中綿入りなので十分に暖かいのですが、首回りをもっと暖かくしたい時にはこんな感じで。


DSC06424.jpg

普段、通勤に着るにはストールを首に巻けばよいのですが、お出かけする際にはこちらのスタイルのほうがステキ。ブルーフロストフォックスです。

DSC06430.jpg

これはこのコートの完成を見越して1年前に買ったモノ。表地がシルバーとダークブラウンの糸を織った生地なので、同じ色ならば親和性が高く相性が良いはず。

最初はシルバーフォックスにしようかと思ったのですが、シルバーフォックスは毛足が長く、ハリはあるけど柔らかさはイマイチなんですよね。よって毛先が首や顔に触れるとちょっと不快。その点、ブルーフロストなら、シルバーフォックスの雰囲気を持ちながらもシルバーフォックスより毛足が短く、ブルーフォックスの柔らかさがあります。

このスタイルでお出かけすることは頻繁にはないかもしれませんが、イザという時にはこれで出動。いつが「イザ」なのでしょうか。

コート作り 完成(前編)

DSC06417.jpg

冬将軍の到来。大陸から本格的な寒さが襲ってきています。4月から作り始めて、8か月。
その時期に合わせるかのように、やっと完成しました。比翼仕立て中綿入りステンカラーコート。

参考にしたテキストでは表地と裏地の2枚ですが、勝手にアレンジしまくって4枚仕立てに変更。
DSC06415.jpg

表地、ウィンドブレーカーの生地、シンサレートの中綿、裏地。ウィンドブレーカーの生地で防風は完璧。こんなの既製服にはないでしょ、なんて思ってましたが、この秋冬にはそういう既製服がチラホラ。私は春の時点でこれを考えていたので、まあ、先駆けということで。

DSC06411.jpg

中綿を入れるにあたって、型紙よりちょっとずつ大きめに生地を切り取り縫います。もちろん、ちょっとずつズレてきます。力技で無理矢理にでも合わせます。プロから見ると「ダメよ~、ダメ、ダメ!」と言うでしょうが、いいじゃないの~。素人だもの。

DSC06410.jpg

ベルトも付けてみました。実用的かどうかは分かりませんが、ベルトのあるデザインのほうが好きなので、勝手にアレンジ。シルバーとダークブラウンの糸で織られた生地なので、ボタンはシルバー、裏地はダークブラウン。その辺は無難にまとめます。ただでさえシルバーメタリックで目立つ素材。余計な要素はいりません。

着丈は、膝上10cm。車を運転しても邪魔にならない長さ。重量は約700グラム。とても軽量なので着ていても肩もこらずラクです。今日、早速これで通勤しました。北風が強くて体感温度は0度くらいでしたが、十分に暖か。室内だと暑いくらい。初めてにしては、我ながら上出来です。自画自賛。


SPECTRE

好きな俳優さんが何人もキャスティングされているので、1年後の公開が楽しみです。次回の007。SPECTRE。


あの頃のミュージックヴィデオ

80年代にはインターネットの動画サイトを楽しむことができなかったので、ミュージックヴィデオを楽しむにはテレビで流れるのを待つしかチャンスがありませんでした。

今、当時好きだった曲のミュージックヴィデオを見てみると、「こんなヴィデオだったんだ…」と感心したりガッカリしたり。

キム・ワイルドの『You Came』


べリンダ・カーライルの『Heaven Is A Place On Earth 』

どちらも初めて見るヴィデオ。どちらも意外な印象。
そして、どちらを見ても頭に浮かんだ言葉は

y3.jpg

「銀座ジュエリーマキ」

h3.jpg

「銀座じゅわいよ・くちゅーるマキ」

どちらも実際にはCMに使用されていませんが、なんとなくあのCMを髣髴とさせる雰囲気がします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。