『帰ってきたヒトラー』

先週、オランダ議会下院選挙で中道右派とイスラム系移民排斥や反欧州連合(EU)を唱える極右・自由党が戦った結果、与党の中道右派が勝利を収めました。欧米諸国でも日本でも排他的な思想が大衆に受けているようですが、これが優勢にならないことを祈ります。アメリカではトランプが大統領になる時代ですから、どうなるか分かりません。

169463_03.jpg

トランプ大統領が生まれる2年前に製作された映画ですが、今この映画を観てみると、なんとも言えない気分になります。映画撮影当時はブラックジョークだったことが、実際に起きてしまうわけですから。

ヒトラーが現代のドイツに蘇るという設定の(主人公の衣装や彼の部屋に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のポスターが貼ってあることからもタイムスリップしたと示唆する)話です。最初は笑って観ていたのですが、だんだんと笑えなくなります。主人公のガールフレンドの祖母(実際にヒトラーを経験した痴呆症の高齢ユダヤ系女性)がヒトラーを見て当時の記憶が蘇り「みんなはじめは笑ってた でも許さない」と言います。胸に刺さります。そうなんでしょうね。みんな最初は笑ってたのかもしれません。それがあれよあれよという間に民衆の支持を得て、取り返しのつかない結果を引き起こしてしまったのでしょう。私も最初はトランプを見て笑っていた一人です。だって、あの人は「お騒がせタレント」という認識だったし、「この人、またこんなことして・・・」とお騒がせ芸の一部だと思っていたのですから。それがまさか本当に大統領になるとは・・・。

例えば、海外に外国人として住むなど社会の中で少数派としての苦痛を経験すれば新たな視点を持つことができるのでしょうが、多数派として恩恵を受けている限りは少数派の気持ちを理解することは難しいでしょうね。
スポンサーサイト

2017秋冬バレンシアガ

2017秋冬のバレンシアガ。
_MON0833.jpg
(source)(source)
(source)(source)

こういうデザインを見ると、「ずり落ちないような構造になっているのかな」とか「肩が冷える」などという感想が出てきます。

でも、それより何より、このデザインは完全にアレです。

d_08073199.jpg
(source)(source)
(source)(source)

くるよちゃんです。どやさです。